努力の甲斐あって〜

長期間、お友達を求めてはへこんできたうちの子に、ようやくご挨拶出来るお友達が出来ました!

しかも、二人〜うっふっふ〜

私も嬉しくて嬉しくて〜

いつもより遅く、暗くなりかけてのお散歩でした。

何度か見かけたことがあり、わんちゃんも飼い主さんもよい印象でしたが、久しぶりでした。

うちの子がどうしても行きたがるため、私もついて行きました。

飼い主さんが気づかれて、快くうちの子に、その子を近づけて下さいました。

この子は前も大丈夫でした。

ただ、うちの子としばらく遊んだ後、私のほうに来ました。

ホントの所、人間のほうが好きなんですよ〜

と話をされました。

聞く所によると、その子もお散歩をしていると、突然大きな犬に吼えられたり、飛び掛ってこられたりして、段犬には近づかなくなったのだそうです。

なんか、うちと似てない??

それでもうちは、人よりわんちゃんが好きで行きたがるんですよ〜

どうやら、このわんちゃんが、噛み付かれそうになった子は、うちの子にもかかってきた子だと思います。犬種も特徴も一致しています。

先日、歯磨きのときにトリマーさんに言われた注意をお伝えしました。

すると

やっぱり〜??と納得されました。

犬種同士で、合う、合わないがあるようです。

でも、中でも相性が良い事もあるようですが、悪いことがあります。

うちの子が近づいたのは、やはり同じ犬種、同じ色、大きさも、うちより少し大きいのですが、プー全体で見ると小さいほうです。

やっぱり自分に近い子がいいのですね〜

そして、まだ若くてやんちゃでした。

今後とも宜しくといいながらも、この人はお住まいが遠いような気がします。大きな通りでしかお見かけしたことがないのです。

今度はいつお会いできるのかしら〜

その後、更に驚くべき出来事が!!

今度は、3日に一度はお目にかかる、同じ通りにあるお宅のわんちゃんがいました。いつもはうちがお散歩する時、家の奥で見かけるのが多くて、外で会うのは久しぶりでした。

でも、その都度うちの子は、近づこうとはしながらも、相手の子が近づいてくると、やっぱり怖くて逃げるのです。

と言うのも、うちは2キロ台で、相手が20キロの中型犬です。

怖いのでしょう。

でも、この子は大きくても優しいのです。

一度も威嚇もしないし、飛び掛ってきたこともありません。

何より、飼い主さんがよい人で、ウェルカムモードなのです。

何とかならないものかと、ずっと気をもんでいました。

それでも、毎回期待はしていたのですが、惨敗でした。

それが今回、初めて逃げながらも戻って自分からご挨拶が出来たのです。中型君は、最初からウェルカムだったので、鼻をくんくんにおいながら、じゃれていました。

飼い主さんと話して、また先と同じ事を聞きました。

この子もまだ若く、お散歩をしていても、とにかくシニアが多いのです。

飼い主さんが高齢なので、わんちゃんもシニアが多いのは仕方がないのですが、どうしても、シニアからは噛み付かれそうになったり威嚇されたり、吼えまくられたり〜なんだか3回目のような気がしますが?

要するに、さっきの子も、うちの子も、この大きい子も、みんなうちの近辺のシニア犬からは、徹底的に攻撃をされ続けていると言う話です。

先日のサロンでは、犬種の問題もあると言われました。

でも、この中型犬は、その中にも入っている犬種です。

ただ、この子はお育ちもよく、大きくても穏やかで優しいのです。

うちの前の子も20キロありましたが、優しかったですよ〜

だから、飼い主さんは、うちがまだ1歳だと知ると、とても喜ばれました。その子より若い子はいなかったようです。私も知りません。

それぐらいシニアばかりです。

シニアでも、犬ともさんの愛犬君は優しいですが、年の差がありすぎると、うちのやんちゃの相手はしてもらえませんから、お友達にもなれません。人間でも幼稚園児と90歳のおじいさんが一緒に遊ぶのは、おじいさんに悪いですしね〜

でも、そのおじいさんには、子供に優しい人もいれば、怒鳴ってあっちに行けとはねつける人もいます。

今は少ないかな?でも犬にはいるんですよ〜残念ですが。

だから、飼い主さんと私がもろ、仲良くなりました〜

ですが、ここも夜遅くにお散歩をされていますが、その時間以外にお会いするのは難しいです。

また、大きい子だけに、相当なお散歩が必要なようで、自転車で走られていることもよく見かけます。

うちのちびとは、お散歩そのものが違うため、遊び友達としてもどうなんでしょう〜ご挨拶だけで終わりそうな気がします。

同じぐらいの子で、ご近所さんがいればな〜

まだまだお友達探しは続きます。