、人以上の削減を検討経営再建中の液晶パ

、人以上の削減を検討経営再建中の液晶パネル大手のジャパンディスプレイが、海外の工場を中心に少なくとも人以上の人員削減を検討。国内は人規模の希望退職を募る方向で調整している。

Qさまって高飛び込みとか、クレーンで釣

Qさまって高飛び込みとか、クレーンで釣り上げられたグラグラ橋とかやってた頃の方が面白かった気がする。

ねーむーたー。警報出てもみんなみたいに

ねーむーたー。警報出てもみんなみたいに休みじゃなくてバイトあるんだなぁー。てか扉開いてないしどこから入るかわからんしもう困った無理だ

ニキビがうざすぎる時にやるべきこととは

ニキビがうざすぎる!って思うのは私だけじゃないと思います。

1日で消えてくれるならまだいいものの、ずっと消えないニキビが

顔中にあったらうざすぎるといったらありゃしないです。

私の場合、ニキビが治らなすぎて、鏡を見るたびに気分が落ち込むのが何年も続いていました。

しかし、努力の結果、あのうざすぎるニキビがほとんど今ではできなくなりました。

時、フェイスラインに小さいのができるくらいので、ほぼ目立ちません。

なぜ、あの邪魔だったニキビがなくなってきたのか、それはやるべきことをちゃんとやってきたからなんです。

洗顔をまず変えてみた

ニキビが治らなかった時期は普通に安い市販の洗顔料を使ってました。

顔の雑菌がニキビの原因だからとりあえず洗い落としてしまえばいいんだよねって勝手に勘違いしていました。

その勘違いが良くなかったらしくて、市販の洗顔料は汚れが落ちすぎて肌に負担がかかるため、ニキビが治りづらい肌に自らしていたんですよね。

それに気づいて、ちゃんと泡立てネットで泡を作る洗顔石鹸に変えて、ニキビができづらいように見直してみたんです。

洗顔石鹸に変えてから、肌の調子が急によくなったので、洗顔は侮ってはいけないですね。

泡だけで丁寧に洗うのが全然違います。

無駄なことをやりすぎないようにした

今思えば、ニキビが気になりすぎて、色なことをやりすぎてしまったなーと思います。

顔を念入れに洗ったり、化粧水もいくつも試したり、乳液を塗りたくったり、気になってニキビを触ってしまったりと、それが逆効果だったんです。

うざすぎるニキビを治すには、無駄に色やるよりも、丁寧に洗顔保湿をする。

そして、肌の調子を整えると言われている、ビタミン類を積極的にとる。

脂っこいものや糖質は控えるといった、面倒ですけど簡単にできることをシンプルにやるだけで良かったんですよね。

ニキビがうざすぎるくらい治らない人は、シンプルにケアと生活習慣に気をつけるだけで改善される可能性は高いですから、無駄に色やらないほうが良いですよ。

なんや今日の試合結局延長やったんかい。

なんや今日の試合結局延長やったんかい。千賀勝ち消えてかわいそ。余裕で勝ちやと思ってたのに。まあ今の西武の勢いならあるか。

中国人留学生、共産党イデオロギーを持ち込む 豪有識者が警鐘ならす

下記は、2017.8.5付のフィスコ の記事です。

                       記

オーストラリアで中国の影響力が着々と広まっていることに懸念の声が高まっている。有識者は、約15万人の中国留学生は共産党思想と言論抑圧の手法を豪州の大学に浸透させていると警鐘をならした。

ニューヨークタイムズ紙は最近、シドニーのレービ研究所(LowyInstitute)の東アジア問題専門家、バラール氏の関連の論説を掲載した。同氏は2008〜09年、北京の大学で教鞭を執っていた。

記事の中で、同氏は中国共産党の言い分に反する事実や見解を受け入れようとしない学生が多いとしている。一方で共産党を擁護しない学生は抑圧を恐れて己の言動を検閲する。勇気をもって異議を唱える極少数の人は、往々にして共産党支持派に制止されてしまう。

バラール氏の最大の懸念は「中国人留学生がこのような極端なやり方と思想を、豪州の大学に持ち込んでいる」ことだという。

キャンベル大学の中国学生学者連合会の会長で20代の女子留学生は、かつて豪州大手メディアの取材に対し、留学生による反中国政府活動の情報をつかんだら、必ず大使館に報告していると堂々と述べた。中国共産党の支持者はこうして国内外で周囲を監視している。スパイではなく、自発的に行っている人も少なくないとみられる。

経済発展の時期に生まれ、中国共産党による洗脳教育をたっぷりと受けて育った若い世代の多くは「政府の論調に反対するのは悪いこと」という観念を植え付けられている、と中国問題専門家は指摘する。

共産党を支持していない留学生は「たとえ海外でも自分の本音を語ることはできない」とバラール氏に胸のうちを明かした。 バラール氏は、オーストラリアの大学はこの脅威に対応できていないと指摘し、「関係者はみて見ぬふりしているかもしれない。景気のよくない豪州の大学に、中国の学生が大金を注いでいるからだ」と現状を危惧した。

中国共産党は近年、政治家に献金したり、農場の買収や政治広告の掲載、(留学生)団体への支配などを通じて、オーストラリアへの浸透を深化させている。今年6月、豪大手メディアは、在豪の中国人実業家が巨額献金で政治介入している、という記事を掲載した。これらの実業家は中国共産党とつながりを持っているとされている。

(翻訳編集・叶清)【ニュース提供・大紀元