モレノの攻撃力は後ろから上がってくるか

モレノの攻撃力は後ろから上がってくるからこそのものであってウイング的な攻撃力ではないんだよな。1番の適正ポジションは3バックのWBかもしれないな

駄目物件の見分け方新築を経験したからわかったことです。

皆さんはこの売りアパートを見たらどう思いますか。以前、築20〜30年の中古物件ばかり買ってる私から見れば東京23区、築1年、満室稼働中、利回り率は9の当物件はいいなあと思ってしまいます。ほとんどの新人不動産投資家はこのレベルの物件を見つければすぐ買いたくなるでしょう。

しかし、詳しくこの物件の情報を分析してみましょう。まず、この物件の新築総費用を計算します。土地面積は8008で土地相場価格は31万円ホームズによる販売価格、土地価格は248248万円、建設費用は15872255万円3階建てなので防火木造ですから、設備費用込の建築単価85万円/坪で十分です。設計費用150万円404736万円、総費用は652984万円です。要するに自分で土地を購入して新築してもこの物件の売価より227016万円安いです。もちろん、建設期間中のローン金利や空室期間の損失を考えれば、2000万円くらい安くなるでしょう。

次は家賃の設定を見ましょう。間取りは公開されていませんが、15872の建築面積から考えますと、たぶん1RX10戸でしょうか。月間満室家賃は66万円ですので、一室の家賃はは66万円になります。しかし、最寄駅の新築相場は55万円前後、新築は65万円ですので、66万円の家賃は新築時のプレミアム家賃と推測できます。築5年以上になりますと、家賃は5〜55万円で募集しなければなりませんので、利回り率は7〜75まで下がります。

ようするに、この物件の販売元は転売専門業者とのことです。サラリーマン不動産投資家は新築の手間がかかりたくない心理を利用して、自分が新築物件を計画し、満室稼動後、高く転売する手法で利益を上げる会社です。個人なら5年以内に売ると、短期譲渡所得の税率は非常に高いですので、五年以内売却する個人投資家は少ないです。しかし、法人は税率一律ですので転売で儲ける方法が成り立ちます。

自分で土地を探して新築したほうが収益率高いですので8800万円の売価の場合は今の私は絶対にこのアパートを買いません。新築の手間と空室期間中のロースを考えますと、7000万円以下ならこの物件を買う価値があります。

やはり、最近ホテルの新築を実施していますので、物件探しに対して見方が変わりました。最近、このような築浅、満室稼働中の売りアパートは増えています。不動産投資家の皆さんは買う前に一回冷静に考えてから購入するかどうかを決めましょう。

日航機墜落事故その4

東京航空交通管制部に「羽田へ戻りたい」と告げた日本航空123便は、旋回することなく、ふらふらと伊豆半島上空を西に向かっていた。

■午後6時27分2秒

 「123便、確認しますが緊急事態を宣言しますね」

 「その通り」

 「どういった緊急事態ですか」

 やはり応答はない。「とんでもないことが起きているのでは」

■同28分31秒(地図上の1)

 「レーダー誘導のため90度(東)へ飛んでください」

 「しかし、現在アンコントロール(操縦不能)」

 衝撃的な言葉だった。普段はオフのスピーカーがオンになり、123便とのやり取りが管制室中に響いた。

■同31分2秒(同2)

 「降下できますか」

 「今、降下しています」

 「名古屋に降りますか」

 「いや、羽田に戻りたい」

 「何とかしたい」。そう思うと、とっさの呼びかけが口をついた。「これから日本語で話していただいて結構ですから」

 パイロットと管制官とのやり取りは、近くを飛ぶ航空機でも聞き取れるよう、通常は英語を使う。でも今は、パイロットの負担を少しでも減らし、事細かにやりとりしたかった。

 123便は北に向かう。。すでに隣の空域に移っており、無線の周波数を切り替え、別の管制官に移管するところだが、そういう指示はしなかった。「切り替えたはずみで無線がつながらなくなるかもしれない。そうしたら日航機は命綱がなくなってしまう」

 じりじりとしながら画面をにらんだ。他機が近づかないよう、航路から退ける指示を続けた。

 富士山をかすめた123便は、羽田のある北東に向かい始めた。「戻れるかもしれない」。かすかに期待も芽生えたが、周囲は山。機体の高度は5分間で一気に3500メートルも下がっていた。

■同47分17秒(同3)

 「現在コントロールできますか」

 「アンコントローラブルです」。もはや管制官はまったく役に立っていなかった。ヘッドホンから「ああっ」という声も聞こえてきたが、機内で何が起きているのかは、わからなかった。

 「おれはどうしたらいいんだ」。絶望が襲う。その頃、機長らが必死に山を避けて操縦を試みていたことは、後で知った。

■同53分28秒(同4)

 「えーアンコントロール。ジャパンエア123、アンコントロール

 「了解しました」

 これが最後の交信になった。

 3分後、糸の切れたたこのように画面上を点滅しながら漂っていた機影が止まった。その場で十数秒間点滅した機影は突然、消えた。

 体に電気のようなしびれが走った。薄暗い管制室は静まりかえった。背中越しに指示を送っていた上司も、先輩も黙っていた。30秒ほどして、上司に促されて呼びかけてみた。「ジャパンエア123、ジャパンエア123」。応答はなかった。

 ヘッドホンを外し、席を立った。別室で報告書を書いた。妻には「いつ帰れるか分からない」と電話で告げた。頭の中で何度も、交信した「最後の30分」を繰り返していた。

 朝方に帰宅して、墜落した機体をテレビで見た。ショックを気遣った上司に数日、休みを与えられた。事故原因を調べる国の航空事故調査委員会や警察から、事情を聴かれることはなかった。

   ◆  ◆

 管制官の仕事を続け、最近までいた部署では事故防止の対策づくりに取り組んできた。今は管理職として空港事務所で管制関連業務に携わっている。だが、123便と交信していたことは、家族や一部の同僚しか知らない。

 事故から数年後に御巣鷹の尾根に立った。その後も、遺族や報道陣が多い8月を避けて、仲間や家族とたびたび登ってきた。だが、尾根へと向かう険しい道のりや、事故で傷ついた山肌を見るたび、あの時のつらい思いが呼び起こされた。無理だったと分かっていても「自分が何とかできなかったか」という思いはぬぐえず、表に出て話す気持ちになれずにいた。

 最近になって、「事故を風化させないため、今ならできることもあるのでは」との考えが頭をよぎるようにもなった。世界各地で飛行機事故が起きるたび、原因は分かっているのか、管制官はどう対応したのかと気になる。管制の現場には、御巣鷹の後に生まれた管制官も出てきた。航空会社の経営はどこも厳しく、安全よりもコスト削減ばかりが取りざたされるのが気がかりだ。

 25年前の「あの夏」のことを伝える時期なのかもしれない、と思いはじめている。

     ◇

 日航123便墜落事故 1985年8月12日午後6時12分に羽田空港を離陸した大阪(伊丹)行きの日本航空ボーイング747型(ジャンボ)機が、12分後に相模湾上空で操縦不能になり、同56分に群馬県上野村の山中(御巣鷹の尾根)に墜落した。乗客509人と乗員15人のうち乗客4人を除く520人が死亡した。スペイン・カナリア諸島の空港で77年にジャンボ機同士が衝突し、583人が死亡した事故に次ぐ惨事で、単独機の事故としては現在も世界最悪。

 国の航空事故調査委員会は87年、機体後部の圧力隔壁の亀裂が広がって破壊され、一気に噴き出した客室内の空気が尾翼などを吹き飛ばしたとする調査報告書を公表。この機体は事故の7年前に伊丹でしりもち事故を起こして隔壁を損傷しており、この際にボーイング社が行った修理が不適切だったことが破壊につながったと結論づけた。

 御巣鷹以降、日本の航空会社は乗客を死亡させる事故を起こしていない。

あっぶな〜い

頂いたチケットの有効期限が切れそう

せっかく頂いたのに

無駄になっちゃうと思っていたら

どうやら延長出来るらしい。

妹よ、気づいてくれてありがとう

広告を非表示にする

おはっ()

今日の家事終わりー

今からゴロンゴロン出来ます。

今朝は6時過ぎまで寝てて慌てたよ。

昨日寝るのが遅かったのでつい寝坊してしまいました。

昨日は相方の晩酌に付き合いながら世界陸上観てたので遅い就寝。

昼寝もあまりしてなかったので眠たかった。

今日は午後から用事の予定なんでそれまではボチボチやります。

取り敢えず、昼ごはんの下準備しとくかな。

昨日は晩ごはんが簡単でして。

ご近所さんからうどんとか頂いてたし。

お義母さんが天ぷら持たせてくれてたからそれで晩ごはんしました。

冷やしうどんと天ぷらで晩ごはん。

相方のおつまみは。

あさりの酒蒸し、ブロッコリースプラウトの生ハム巻き、厚揚げのニンニク味噌焼き。

でした。

若干おつまみの方が豪華な気がする。

気のせいかな?

昨日はスパークリングワインを飲んでて。

少し飲み過ぎたようでトイレに行ってフラついてた相方。

飲み易いから油断したらしい。

気を付けて。

当分ワインだな。

昨日はおやつにゼリーも作ったよ。

まだ食べてないから味は分からないけど。

お腹すいたし朝ごはん食べたら試食してみよう。

今日もゆるゆる頑張ってこ。

広告を非表示にする

予算で決まる訳でない!アレンジメントの大きさ

ボリューム重視?花の種類重視?

この予算で

どのぐらいの大きさのお花が買いたい

この予算なら

どのぐらいのアレンジが買う事が

出来るって、よくわかりませんよね?

目安になる金額に応じた

アレンジメントの大きさについて

今日はお伝えしたと思います。

実は、予算金額と花の量は

殆どの場合は比例しています!

予算を沢山使えるならば

花の量が多くなり、

アレンジの大きさも大きくなります。

もちろん、予算が余りなければ

アレンジメントが小さくなるのは

お分かりいただけると思います。

これは、生花でも

プリザーブドフラワーでも

他の花でも同じです。

生花の例で説明させていただくと、

同じ予算内では、

沢山の花に見せたい時には

アレンジメントの形を

一方見にすると

多く見えてきます。

花の量を固めて見せたい

方向にだけまとめるので

沢山の花が入っているように

見えちゃうんです。

飾る場所が

テーブルの中央に置く

事を想定して作った

4方見のドーム型アレンジメント

の場合は、多少小さく見える事も

ありますが

花の種類でお値段を抑える事で

4方見にアレンジしても見劣りしない

アレンジメントに仕上げる事が

出来ます。

大まかな目安で、

5000円ぐらいで直径

約30〜40の

ドームアレンジメントが出来ると

思います。

10000円ぐらいのアレンジ

でしたら花の量を増やして

直径をもっと大きくする事も

出来ますし、

高さをグンと大きく、70ぐらい

にして大きく見栄えするアレンジに

する事もできます。

フォーマルなお祝いのギフト

はこの価格帯ぐらいから、

立札などを入れて贈られる方

が多いですよ。

また、大きなと式典の舞台花

などは、花の量を沢山使いますので

1方見のスタンド花で

おおよそ20000円以上の目安で

立派なスタンド花を注文すること

が出来ます。

スタンド花とは、

祝さんへより

と立札がささっている

開店のお祝いの花で

店前に置かれているような

花です。

おおよその概算なので

花の種類によっても

異なってきます。

もちろん1輪の単価が高い

花を使えば、

花の数が減り

予算内で花の本数を

調整するので

必然的に、サイズも小さく

せざるを得ません。

今、お伝えした大きさは

一般的な目安なので

このぐらいのサイズが出来る

という事を頭の片隅に

置いてみてくださいね。

花屋で注文するときに

このぐらいの大きさのアレンジだったら

金額はいくら?から出来るか

ハッキリときいてみてくださいね。

その上で

ボリューム重視!

花の種類重視!

を決めてください。

アレンジの大きさが変わります。

アレンジメントの大きさの目安に

してみてくださいね

-------------------------------------

あなたの想いを一瞬で伝えるパリスタイルフラワー

パリスタイルデザイナー島栄子